☆管内スキー場ピーク時の半分
 スキーシーズンが到来したが、空知管内でスキー場が続々と閉鎖、休止に追い込まれている。リフトのある営業中のスキー場はピーク時の18カ所から今季は9カ所と半減し、来季にはさらにもう1カ所減る予定。一方で訪日外国人旅行者(インバウンド)など新たな需要を取り込む動きも出ている。


☆滝川でインフルエンザが猛威
 【滝川】第三小が学校閉鎖となるなど、市内でインフルエンザの患者が急増している。今シーズンに滝川市立病院を受診した患者は10日現在で164人に達しており、同院は手洗いやうがい、マスクの着用など感染予防を呼びかけている。


☆「第九」歌う合唱団員を募集/滝川
 【滝川】ベートーベンの生誕250周年を迎える来年の11月8日、滝川市で初の「第九」コンサートが開かれる。北海道出身の歌手や札幌交響楽団とともに、市民合唱団が歓喜の歌を披露する。1月からは合唱団員を募集する。


☆エレクトーンで初の全国大会に喜び/岩見沢
 【岩見沢】岩見沢緑陵高の中川華音さん(2年)が、12月1日に大阪市で行われたエレクトーンコンクールの最高峰「ヤマハエレクトーンコンクール2019ファイナル」一般部門(高校生以上)に出場した。残念ながら賞は逃したものの、4年ぶりの全国大会で大人に混じっての一般部門は初出場とあって晴れやかな表情だ。


☆病院の健全経営めざし検討委設置/奈井江
 【奈井江】11日に行われた町議会定例会の一般質問で三本英司町長は町立国保病院の今後の運営について「しっかりと将来を見据えた上で、あり方を検討していく必要がある」と来年度に有識者による検討委員会を設置して議論を行っていく考えを示した。