+


☆大型イベント次々と中止
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、空知管内各地で春から夏にかけての大型イベントの中止が相次いでいる。現時点で開催を予定しているイベントも「今後の状況によっては中止もあり得る」としており、流動的。政府の緊急事態宣言で北海道は対象外とされたものの、事態は長期化の様相を呈しており、イベント開催を見合わせる動きが今後さらに広がる可能性もある。


☆全町民に5千円分商品券支給/上砂川
 【上砂川】町は町内で使える5000円分の商品券を、子どもから大人まで約2900人の全町民に一律支給する。新型コロナウイルス感染症の影響に伴う独自の緊急経済対策で、約2400万円の補正予算を組む。


☆15自治体に750万円寄付/空知商工信組
 【美唄】空知商工信用組合(本店・美唄市、谷山哲也理事長)は3日までに、新型コロナウイルス感染拡大対策として営業管内の15自治体に対し、一律50万円、総額750万円の寄付を決めた。


☆滝川に女性専用シェアハウス
 【滝川】地域情報サイト「まいぷれ滝川」などを手がける「インターブレイン」=市内栄町1=はこのほど、社屋の2階と3階に滝川初の女性専用シェアハウス「IB HOUSE」を開設した。部屋にはベッドやテレビ、机などが備え付けられており、女性が安心して暮らせる環境が整っている。


☆観光振興でカメラ女子が1位に/岩見沢
 【岩見沢】市観光協会が手がけた「カメラ女子 そらち魅力発信プロジェクト」が、道観光振興機構の「2019年度地域の魅力を活かした観光地づくり推進事業」の広域連携事業部門(31事業)で1位に輝いた。