☆地元への就職を促進/中空知で協議会設立
 【滝川】滝川市と赤平市、芦別市、上砂川町が連携し、高校生や短大生の地元就職促進を目指す新たな団体「NAKASORAにこよう推進協議会」が23日に設立する。初年度の取り組みとして、11月に高校生や保護者向けの就職支援セミナー、来年3月の企業見学バスツアーを計画している。


☆札沼線沿線の魅力を紹介/フリーペーパー創刊
 来年5月7日に廃線となるJR札沼線の沿線4町(当別町、月形町、浦臼町、新十津川町)の地域おこし協力隊や民間事業所らで構成する「思い出お~い札沼線実行委員会」はこのほど、フリーペーパーを創刊し各町おすすめスポットを紹介している。


☆「江戸小紋」に挑戦して/岩見沢び職人招き講座
 【岩見沢】全国でも希少な存在である江戸小紋型彫職人の髙井章夫さん(69)=東京都在住=が講師を務める「江戸小紋型彫体験講座」が9月1、2の両日、いわなびで開かれる。受講者を募集している。


☆新規就農者が岩見沢で奮闘
 【岩見沢】2年前に栗沢町上幌地区で新規就農し、市内では一番の新参者である中嶋一磨さん(42)が、主力のミニトマト作りに奮闘している。東京で演劇に熱中していたという異色の経歴を持つ中嶋さんは「ものを一から作る点では似ています」。収穫最盛期を迎え連日、ビニールハウスを舞台に「熱演」を繰り広げている。


☆介護タクシー事業スタート/滝川
 【滝川】良い暮らしのためのライフサポートサービスを提供する「オフィスジーブレイン」(山田恵子代表)=市内江部乙町東11=が5日から、介護タクシー事業を始めた。体に障がいを持つ人や介護保険の対象者の外出をサポートしている。


☆リアルタイムでお天気情報/砂川に気象観測システム
 【砂川】砂川市はこのほど新しい気象観測システムを導入し、7月24日から市のホームページで気象データの情報提供を開始。10分ごとの降水量、降雪量、風速、気温などをリアルタイムで公開するオープンデータ化を図った。