☆オンラインで「パン甲子園」開催
 【岩見沢】高校生による創作パンのコンクール「パン甲子園」(実行委主催)が、10月に初めてオンライン会議システムを使って開かれる。新型コロナウイルスの影響で中止も検討したが、開催を熱望する高校側からの声を受け決断した。現在、1次審査の応募を受け付けている。


☆売り上げ影響なし4割超
 【滝川】北門信用金庫(大矢美智幸理事長)はこのほど、特別調査「新型コロナウイルスの感染拡大による中小企業への影響について」を実施した。最も多かった影響は「営業活動の自粛」だった一方、売り上げについて「ほぼ変化なし」と回答した企業が4割を超えた。


☆岩見沢南ビクトリーが優勝/本社杯少年野球
 【岩見沢】第11回プレス空知杯争奪南空知少年野球選手権大会(南空知少年野球競技会主催、空知新聞社後援)は8日、市内青木公園球場で決勝が行われ、岩見沢南ビクトリー(坂下賢一監督、高橋昊祐キャプテン、14人)が優勝した。


☆ペット霊園が廃墟状態/赤平
 【赤平】市内幌岡のペット霊園「ねむのんの森」が3年ほど前、1枚の張り紙を残し、突然管理者不在となった。森の中に設けられた管理棟などの施設は風雨にさらされ、廃墟状態。特に納骨棟は雪の重みで一部屋根が抜け落ち風化が進んでいる。遺骨を預けた依頼者は「ペットとは言え家族同然。何の連絡もなく無責任」と憤っている。


☆オンラインで「新型コロナ教室」
 新型コロナウイルスをテーマとしたオンライン教室「敵を知ろう!新型コロナウイルス」が13日午後1時半から、オンライン会議アプリZoomを活用して実施される。サイエンスレクチャー×北大こども研究所コラボとして企画、小学生から中学生、高校生、保護者を対象とし、わかりやすく新型コロナを解説する。参加無料。